コーヒーの木の挿し木。

今までの記事ではご紹介したことは無かったのですが、ハイドロカルチャーのコーヒーの木を育てています。
もう育て始めてかれこれ2〜3年くらいになるかと思います。

コーヒーの木は濃いみどり色の葉っぱが可愛く、園芸屋さんや雑貨屋さんでもよく見かける人気の観葉植物かと思います。

我が家のコーヒーの木は、本当はもっと他の植物と一緒に寄せ植えしていたのですが、だんだんと枯れていってしまい、コーヒーの木だけ生き残ってくれていました。
葉っぱの先端が少し茶色くなってしまっているのですが、完全に枯れることは無く、元気にここまで育ってくれました。
そして、下の写真をよ〜く見て頂けると分かるのですが、小さな小さな新芽も出てきました。

葉っぱは茶色くなってきてるけど、元気に生きているんだなぁと感心していたのですが、この新芽、かれこれ1ヶ月ほど前に出てきたのですが、その後なかなか大きくなりませんでした。

お水が足りないのかなと思い、毎日霧吹きで吹きかけていたのですが、一向に大きく成長する気配がありません。

何でだろうな〜と思い、改めて観察してみると、根本の部分が黒くなっています…!!

これはもしや、もう根っこが腐っているのかなぁと思い、引っこぬいてみると…

根っこは恐らく大丈夫そうなのですが、やはり根っこの上の部分が黒く変色してしまっていますね…これも一種の根腐れと言うのでしょうか。。

上手く栄養が行き届いていなかったから、成長出来なかったのかな…
恐らくこのまま育てていても、いつかは枯れてしまうだろうな…と思い、今回挿し木での栽培にチャレンジしてみることにしました💡

立派な根っこに成長していたので、切ってしまうのは惜しい気もしますが、ここは思い切って…!

本当は挿し木用の土に植え替えた方が良いのかなと思いますが、今回は元から植えていた容器にそのまま挿し木してみました。

果たして上手く育ってくれるのでしょうか…
ハイドロカルチャーでの挿し木は初めての試みなので、少し不安ですが、経過を見守りたいと思います。

また変化があった際はブログにアップしたいと思います💡

最後までご覧いただき、ありがとうございました🌱🌵🍀🌿

最新情報をチェックしよう!